読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャチクチック

社会人のライフハックネタをまとめます

なぜ「保育園落ちた日本死ね!!!」なのか。東京の根深い保育園問題

今インターネット上で話題の、保育園問題についてまとめました。

火種になった記事

保育園問題は以前からありましたが、今回ネット上で話題になったのは、
はてな匿名ダイアリーに投下された、この記事がきっかけでした。

anond.hatelabo.jp

何なんだよ日本。
一億総活躍社会じゃねーのかよ。
昨日見事に保育園落ちたわ。
どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか。
子供を産んで子育てして社会に出て働いて税金納めてやるって言ってるのに日本は何が不満なんだ?
何が少子化だよクソ。
子供産んだはいいけど希望通りに保育園に預けるのほぼ無理だからwって言ってて子供産むやつなんかいねーよ。
不倫してもいいし賄賂受け取るのもどうでもいいから保育園増やせよ。
オリンピックで何百億円無駄に使ってんだよ。
エンブレムとかどうでもいいから保育園作れよ。
有名なデザイナーに払う金あるなら保育園作れよ。
どうすんだよ会社やめなくちゃならねーだろ。
ふざけんな日本。
保育園増やせないなら児童手当20万にしろよ。
保育園も増やせないし児童手当も数千円しか払えないけど少子化なんとかしたいんだよねーってそんなムシのいい話あるかよボケ。
国が子供産ませないでどうすんだよ。
金があれば子供産むってやつがゴマンといるんだから取り敢えず金出すか子供にかかる費用全てを無償にしろよ。
不倫したり賄賂受け取ったりウチワ作ってるやつ見繕って国会議員を半分位クビにすりゃ財源作れるだろ。
まじいい加減にしろ日本。
追記
https://twitter.com/hoikuenochita

この保育園落ちたOLの投稿から、すべてははじまりました。

根深い待機児童問題

保育園に落ちた都内の夫婦はかなりの数いるらしく、
ついにはこんなデモまで開かれるようになりました。
www.asahi.com

減らない待機児童数

www.komazaki.net

【実は保育所数は劇的に増えてるけど、待機児童は減ってない】
 20年くらい前から少子化懸念が高まって、政府は待機児童対策をしてきましたが、あまりお金は使ってきませんでした。
遅きに失した感はありますが、ようやく消費税増税の一部を使う、という財源のメドをつけて、昨年4月から「子ども子育て新制度」という待機児童問題にガチで取り組みますよ、という方策を打ち出しました。
(実際は新制度を見越して、1年前倒しで、園づくりを加速させました。)

 ということもあって、平成25年度あたりからグンと保育の拡大量が伸びました。
しかし、認可保育所に申し込む人が増えたこともあり、待機児童は減らせず、むしろ若干増えている、という状況なのです。

 この2月の入園結果は、まだ統計には組み入れられていないので、確たることは言えないのですが、おそらく今年も状況は昨年と似たようなものではないか、と想定されます。

実は政府は消費増税を財源に、保育所数を増やしていたんですが、
申し込みもその分増えて、待機児童数はトントンという状態が続いているようです。

背景にある保育士の低賃金

需要があるのに、足りないなら、ビジネスチャンスとして参入してくる企業も多いのでは?
と素人考えで思ってしまいますが、保育園に限ってはそうではないみたいです。

www.huffingtonpost.jp
待機児童増加の背景にあるのは、保育士の低賃金・高負担でした。


一方で、「#保育を諦めないで」などのハッシュタグで、保育士を辞めないでと訴える人もいる。首都圏に住むある保育士は、次のようにつぶやいた。


これは確かに、日本死ねと言いたくなるかもしれません。。。

市民に出来ること

待機児童問題解消にむけて、我々にできることはないのでしょうか。
jukennsei.com
この記事には、政治に意見を反映させるための、具体的な行動手順が載っています。

動き始めた政府

待機児童問題に関して、政府も手をこまねいているわけではありません。
mainichi.jp

保育園への入所選考に落ちた母親が「保育園落ちた日本死ね!!!」と題して怒りをつづったブログが波紋を広げている。ブログが匿名だったため、安倍晋三首相は2月29日の衆院予算委員会で「本当に起こっているのか確認しようがない」と突き放したが、7日の参院予算委では、待機児童を減らすため「政権交代前の倍のスピードで受け皿作りを進めている。保育士の待遇改善にも取り組みたい」と理解を求めた。

 社民党福島瑞穂氏が「政策の失敗だ」と追及したのに対し、首相は、保育の受け皿を2017年度末までに50万人に増やす政府の方針を説明。「失敗には当たらない。一生懸命頑張っている」と反論した。

 国会前で5日に政府への抗議集会が開かれるなどブログへの関心は高まっている。これを踏まえ、菅義偉官房長官も7日の記者会見で「子供を保育所に預けられない、仕事を今まで通り続けられないといった悲しみや切実さをなくしていくことが極めて大事だ」と述べた。

 一方、民主党枝野幸男幹事長は7日、「思いや声が大きなうねりになってきた。子育て支援の充実が一歩でも前に進むように、保育士の処遇改善、賃金の底上げを掲げていきたい」と記者団に語った。【堀井恵里子】

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。